無料相談予約窓口 0120-489-022

産業廃棄物収集運搬業の許可申請

産業廃棄物収集運搬業とは

排出先からの委託に応じて産業廃棄物を集め、運搬車両に積載し、処分場に運ぶ場合、「産業廃棄物収集運搬業」の許可が必要となります。
特別管理産業廃棄物を運ぶ場合は「特別管理産業廃棄物収集運搬業」です。
あくまで「排出先からの委託に応じる」場合に必要となる許可ですので、自社で発生した産業廃棄物を収集運搬する場合には、許可は必要ありません。
また、運ぶものが「有価物」である場合も、そもそも「廃棄物」の運搬に当たりませんので、許可は必要ありません。
(ただし、「何が有価物か」に関しては判断が難しいところがありますので、改めて確認が必要です。)

原則として、が廃棄物を積む場所(排出事業場又は積替え場所)と卸す場所(積替え場所又は処理する施設)を所管する都道府県知事の許可が必要となります。
※政令市内で積替え保管を行う場合や、都道府県内で一の政令市のみで業を行う場合は、当該市長の許可が必要になります。

積替え保管施設

ここで、「積替え保管」とは何かについて説明しておきます。
積替え保管とは、収集運搬の効率を向上させたり、産業廃棄物の簡単な分別を行ったりすることを目的として、収集運搬の途中で産業廃棄物を車からおろして、一時的な保管と積替を行うことです。

積替え保管を行う場合は、運用や許可申請が複雑になるというデメリットもありますが、効果的に活用すれば、少量しか発生しない廃棄物がリサイクルできるようになったり、処分にかかるコストが低減できるなどのメリットもあります。 積替え保管を行う場合は、「積替え保管ありの産業廃棄物収集運搬業」としての許可をとることが必要です。

「積替え保管ありの産業廃棄物収集運搬業」の許可は、それがない場合と比べ、要件を厳しくチェックされるのが一般的です。

収集運搬を行う際の主な注意点

事業計画の例

収集運搬許可を取得する為の要件

収集運搬許可を取得する為の要件

産業廃棄物
産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業
産業廃棄物処理施設設置
Copyright(C) 2018 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.
LINEでこのページを教える