無料相談予約窓口 0120-489-022

マニフェスト

マニフェストとは

マニフェストとは、「産業廃棄物管理票」と言い、産業廃棄物が最終処分されるまでの間、どの処理工程にあるのかを把握する為の書類です。
7枚複写になっており、マニフェスト1つで「排出事業者」「収集運搬業者」「中間処理業者」「最終処分業者」が誰か分かるようになっており、かつ、それぞれの処理日も分かるようになっています。

マニフェストを使用することで、「産業廃棄物処理の当事者が誰であるか」また、「産業廃棄物の処理日がいつか」が分かるようになっているのです。
尚、マニフェストは排出事業者が発行すべきものとされています。

排出事業者のマニフェスト記載項目

運搬受託者のマニフェスト記載項目

処分受託者のマニフェスト記載項目

マニフェストの流れ

紙マニフェストの交付

排出事業者は、マニフェスト(7枚複写:A・B1・B2・C1・C2・D票・E票)に必要事項を記入し、交付します。
産業廃棄物の引き渡し時に、収集運搬業者による署名又は押印を得た後、A票を手元に残して残りのマニフェストを収集運搬業者に渡します。
排出事業者はそのA票を5年間保存します。

運搬終了時

収集運搬業者は、残りのマニフェストを産業廃棄物とともに処分業者に渡します。
処分業者は所定欄に記入の上、B1・B2票を収集運搬業者に返却します。
収集運搬業者はB1票を保管し、B2表を排出事業者に送付(10日以内)し、運搬終了を報告します。

運搬終了時

処分業者は、処分終了後にマニフェストの所定欄に署名し、収集運搬業者にC2票を、排出事業者にD票(最終処分の場合はE票も)を送付(10日以内)し、C1票は自ら保存します。
処分(中間処理)業者は受託した産業廃棄物を中間処理した残さ(中間処理産業廃棄物)の最終処分が終了するまでE票を保管します。

最終処分終了時

処分業者は、自ら交付したマニフェスト(2次マニフェスト)等により最終処分の終了を確認し、保管していた排出事業者のE票に最終処分年月日、最終処分の場所を記入の上、排出事業者に返送(10日以内)します。

返送されたマニフェストの確認及び保存

排出事業者による確認
排出事業者は、A票と収集運搬業者、処分業者から戻ってきたB2票、D票、E票を照合し、適正であることを確認しなければなりません。
また、排出事業者及び処理・処分業者は、マニフェスト伝票を5年間保存しなければなりません。

電子マニフェスト

排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が加入することを条件に、日本産業廃棄物処理振興センターの「電子マニフェスト」を利用することができます。
産業廃棄物
産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業
産業廃棄物処理施設設置
Copyright(C) 2018 ハイフィールド行政書士法人 All rights reserved.
LINEでこのページを教える